記事の詳細

「三原市紀行1 〜“多島美” 瀬戸内海に浮かぶ大小の島を望む〜」でもご紹介したとおり、瀬戸内海のイメージが強い三原。一方、三原には、北西部に向かって、自然の恵みを存分に楽しむことができる丘陵状の「フルーツ・フラワー・ガーデン」エリアが広がっています。

本郷エリア、中・四国地方の拠点空港「広島空港」に隣接した場所に開設されている「県立中央森林公園」と「三景園」は、「ゆとりがもてる游空間」として、研修機能も有した公園センターを中心に、サイクリングロード、運動広場、多目的広場、ピクニック公園やバーベキュー広場などが整備され、緑一面の環境で心身をリフレッシュすることができます。

中央森林公園レンタル自転車

中央森林公園にはおもしろ自転車のレンタルも

 

 

 

 

 

 

 

「三景園」は、広島の「山」・「里」・「海」と3つの風景をイメージして造られた日本庭園で、園内では、四季折々の花木が彩ります。なかでも、初夏の新緑、あじさいや、晩秋の紅葉は、実にすばらしく、旬の時季には、「花まつり」や「もみじまつり」などが催されています。県立中央森林公園、三景園から、広島中央フライトロードを走行して、日本一のアーチ橋「広島スカイアーチ」を渡りますと、大和(だいわ)エリア「棲眞寺(せいしんじ)公園」、「果実の森公園」を中心とする「向用倉(むこうようくら)農業公園」や「白龍(はくりゅう)湖観光農園」に到達します。

IMG_3756

棲真寺

棲眞寺公園では、春は桜、夏は蓮の観賞が楽しめ、園内の展望広場からは、広島スカイアーチが架かる渓谷を一望することもできます。

スカイアーチ

棲真寺公園の展望台から見るスカイアーチ

向用倉農業公園や白龍湖観光農園では、四季を通じて旬な果物を味わうことができます。果物狩りや直売所でのお買い物を通じて、四季の実りを楽しむことができ、近くの「道の駅よがんす白竜」では、季節のフルーツを使用したデザートが好評です。また、大和エリアは、広島県有数の生産量を誇る「桃」の生産地でもあり、夏には高級贈答品として広く出荷されています。

大和の特産品「桃」のドルチェ

道の駅よがんす白竜「桃」のドルチェ

 

大和エリアから、東へ進路を向けると、国内最大の岩海(がんかい)「久井(くい)の岩海」や三原最高峰「宇根山」の高原が広がる久井エリアに到達します。

IMG_6437

宇根山天文台の望遠鏡 観望会の開催も

 

 

 

 

 

 

 

 

広島県は、工業・商業が盛んな地域もある一方、海山の豊富な自然に恵まれ、農業・漁業も盛んであることから「日本の縮図」といわれています。「瀬戸内海」、「フルーツ」、「フラワー」や「ガーデン」が揃った三原で日本の縮図を感じてみませんか。

三原の「フルーツ・フラワー・ガーデン」エリアまでは、山陽自動車道 三原久井IC、本郷IC、または、河内(こうち)ICから、あっという間に到着!フルーツロードや中国横断自動車道尾道松江線などの開通で、より近くなる世羅(せら)、三次(みよし)、庄原(しょうばら)、さらには山陰方面とのドライブによる周遊がおススメですよ!

【今回ご紹介した、広島県三原市・里山の魅力満載ルート】

県立中央森林公園三景園

棲眞寺(せいしんじ)公園

果実の森公園・向用倉(むこうようくら)農業公園

白龍(はくりゅう)湖観光農園

道の駅よがんす白竜

久井(くい)の岩海

宇根山(天文台)

関連記事

ページ上部へ戻る