小早川隆景

  • 甲冑姿の観光コンシェルジュが登場! 道の駅 みはら神明の里

    道の駅みはら神明の里では、1月18日(日)から、三原二之丸会の皆さんが、観光コンシェルジュを務め、甲冑姿で、三原の魅力を発信し、パンフレットの配布や記念撮影などに応じてくださっています。 「ご出陣」は、毎月第3日曜日! 次回は、2月15日(日)、3月15日(日)の10時か…

  • 1年の計は初詣にあり 三原の寺社で素晴らしい1年を願う

    2014年もあと3日、大晦日から元日早朝にかけては、各所の初詣に、大勢の方がお参りされている様子が、テレビ等で紹介されますね。初詣について、江戸時代までは、氏神や恵方神社(その年の、恵方の方角にある神社)へ詣でていたようですが、明治以降は、恵方などに関係なく有名な寺社へも参拝する…

  • 「浮城」三原城の面影と三原駅の誕生を探訪する

    人気を博してきたNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」も佳境を迎えましたね。 このドラマでも紹介された黒田官兵衛(孝高,如水)のライバルかつ理解者で、戦国の智将とよばれた豊臣5大老のひとり小早川隆景。 隆景が、生涯の拠点としたまち「三原」では、平成27年3月までの毎週土曜日(…

  • 三原市紀行 2 ~城下町 三原~

    広島県三原市は、城下町として発展したまち。 三原城は、1567年、戦国の智将と呼ばれた小早川隆景によって築城されました。 三原沖の大小の島をつなぎ築いた城で、東は湧原川から西は現在の臥龍橋(がりゅうばし)付近まで 約900m、南北に約700m、この中に本丸、二之…

ページ上部へ戻る