記事の詳細

2017(平成29年)年1月6日、日本を代表する大型豪華客船のひとつ「にっぽん丸」が、ふるさと「瀬戸内・広島・三原」の尾道糸崎港糸崎岸壁に寄港いたしました。

「にっぽん丸」の三原・糸崎寄港は、2015年4月以来で、大型豪華客船の寄港は、本年5月及び7月の「ぱしふぃっくびいなす」以来となった「ふるさと

この度の寄港では、2017年のスタートを飾る「新春クルーズ」の寄港地として選定され、「瀬戸内三原 築城450年」を迎える「ふるさと」にとって、とても喜ばしい栄誉を授かることができました。

「にっぽん丸」の停泊中には、当地らしい「おもてなし」をもって、ご乗船の皆さまを歓迎

乗船者約400名の方々から好評をいただくことができたようです

近年、瀬戸内海クルーズの寄港地として定着している「瀬戸内・広島・三原」

次回の寄港が待ち遠しい限りですね。

関連記事

ページ上部へ戻る