記事の詳細

2016111601

立冬も過ぎ、三原にも寒さがやってきました。毎朝、国道185号(通称:さざなみ海道)を幸崎方面に向けて自転車を走らせていると、筆舌に尽くしがたい日の出の様子を見ることができます。三原の沖合は、瀬戸内海で最も多くの島々が密集しているエリア。筆影山や竜王山からの眺望がよく紹介されていますが、さざなみ海道沿いに車や自転車で走らせると、また違った美しさを感じることができます。

この景色を見るだけでも1日を豊かに過ごせそうな気分になります。これからの季節は、運がよければ、海霧が立ちこむ幻想的な光景を眺めることもできます。

2016111602

皆さんも、早起きをして、この素晴らしい光景をご覧になってはいかがでしょうか?

 

関連記事

ページ上部へ戻る