記事の詳細

IMG_5774

瀬戸内海沿岸に位置する広島県三原市。

海の玄関口・三原港は、市街中心部に位置するJR三原駅から徒歩5分ほどで到着するほど関係が近しく、

瀬戸内海は、三原のなかで大きな存在です。

大小の島が一つ、またひとつ浮かぶ海。

この光景は、“多島美(たとうび)”と呼ばれ、古くから愛されてきました。

1950年に瀬戸内海国立公園の一部に指定された「筆影山」と「竜王山」では、

瀬戸内海随一と評される多島美の景色をご覧いただけます。

晴れた日には、四国山地も遠望でき、しまなみ海道10橋のうち7つの橋も見ることが出来ます。

瀬戸内の多島美を山の上から一望できるので、瀬戸内の絶景スポットとして、

数多くのメディアにも取り上げられています。

春には、満開の桜(ソメイヨシノ)が瀬戸内海のブルーに彩りを添え、夏にはくっきりとした青い空と海、

晩秋から冬にかけては幻想的な「海霧」の名所としても知られ、たくさんの人が訪れます。

三原では、ドライブ、観光タクシー、観光列車、クルーズ、サイクリングなど、

様々な方法で瀬戸内海を楽しむことができ、

シチュエーションにあわせた観光ができるのも魅力のひとつです。

この筆影山・竜王山とカフェ、温泉等、三原の瀬戸内海を楽しむことが出来る「絶景多島美コース」が、

三原観光協会のホームページで紹介されています。

そちらもどうぞご覧下さい。三原観光協会「絶景多島美と城下町散策コース」

関連記事

ページ上部へ戻る