過去の記事一覧

  • 春は新緑、冬は雪。雪舟ゆかりの佛通寺

    三原市と言えばタコやだるま、筆影山や三原城…など話題に上る名物や名所がたくさんあります。この記事ではその中の一つ、臨済宗佛通寺派大本山、佛通寺をご紹介します。佛通寺と言えば、広島県の中では屈指の紅葉の名所!その季節には、観光客や参拝客が絶えず、大変な人手となります。それ以外の季節…

  • 三原市大和のおいしさ満載“道の駅 よがんす白竜”

    道の駅といえば、ドライブ・ツーリング途中のドライバーさん達のオアシスです。最近ではレストランや農産物、ご当地色の強いお土産販売などで道の駅自体が人気の観光スポットになっています。三原市大和町の白竜湖のほとり「道の駅よがんす白竜」は、2013年9月20日に施設の改装を終えリニューア…

  • 潮風を受けてカタコトと走る 瀬戸内さざなみ線(JR呉線)

    瀬戸内の海は、穏やかで、陽の光を受けてキラキラと煌めきます。そして「多島美(たとうび)」と称されるのも、瀬戸内海の特徴の一つ。多くの島が波間に、一つ、またひとつ、とぽこぽこと浮かんでいます。「瀬戸内さざなみ線」は、JR呉線の三原駅から広駅間の愛称。その名の通り、瀬戸内の煌…

  • オリジナルだるまの制作体験 三原だるま工房

    三原の伝統工芸の筆頭に上がるのが「三原だるま」。だるまと聞いて思い浮かべるのは、丸くて大きいあの「だるま」ですよね?そうそう、祈願をする時に片目を、願い事が成就したらもう片目を描き入れるあのだるまです。三原だるまは一目見れば、一般的なだるまとの違いが一目瞭然。とても特徴的なだるま…

  • 横山大観が愛した三原の酒、醉心

    横山大観と醉心 言わずと知れた近代日本画の巨匠、横山大観。大変な酒好きとして知られた大観は、米をほとんど口にせず食事は酒と肴だけで済ませていたそうです。晩年でも一日二升三合は飲んでいたということですが、彼が最も愛した酒が三原の醉心でした。昭和初期に東京神田にあった醉心山根本…

ページ上部へ戻る