過去の記事一覧

  • 三原瀬戸の「海霧」

    瀬戸内海や沼田川河口に面する三原沖では、沿岸に晩秋から冬にかけて霧が発生します。この現象は、具体的には解明されていませんが、主に大気の温度が水の温度より冷たくなったとき、空気が水面上に流れ込むことによって気流が上昇し、水蒸気が生じて起こるといわれ、その…

  • 瀬戸内海クルーズ

    古くから交通の要衝として、山陽新幹線三原駅開業後は芸予諸島や四国への玄関口として飛躍的に発展してきたまち三原。 本四連絡橋開通後、瀬戸内海の交通は多様化しましたが、三原では今日でも瀬戸内しまなみ海道(芸予諸島)への定期航路が健在。昔ながらの「船旅」をお楽しみいただけます。 …

  • 瀬戸内の恵み 「タコのまち」三原

    瀬戸内海及び広島県有数のマダコの産地である三原。 これまで三原の海と蛸や、ご当地グルメ 三原タコ丼なども紹介させていただきましたが、「三原やっさタコ」として、「泣ける!ほどおいしい!」こだわりの「広島の幸」広島県産応援登録制度にも登録された三原のタコは、江戸時代から引き継が…

  • 三景園「もみじまつり」 御調八幡宮「紅葉写真」

    ※2014年11月12日時点の記事です 前回ご紹介した 広島の「里・山・海」をテーマとした日本庭園「三景園」では、「もみじまつり」が開催され、600本以上のモミジが色づきはじめています! 期間中は、着物でお越しの方への来園者プレゼントや販売コーナーの開設など、多彩な行事…

  • 佛通寺 秋季特別拝観と夜間ライトアップ

    ※2014年11月10日時点の記事です 西日本(大阪以西)では唯一の臨済宗大本山、広島県三原市の佛通寺では秋季特別拝観がはじまりました。 普段は公開されていない佛殿や本堂(大方丈)などを拝観することができ、期間中の土曜・日曜・祝日には、和尚が、修行中に纏っていた雲水衣…

ページ上部へ戻る