【食べる】三原名物の代表格・三原タコ

瀬戸内の恵みをたっぷり受けた、三原のタコを召し上がれ

タコ漁師

 

瀬戸内海の恵みをたっぷり受けた、三原のグルメ。中でも三原名物の代表格・三原タコ。三原沖で穫れるタコは、足が短く水太りしにくいのが特徴で、その歯ごたえはコリッコリ。新鮮でなければ食べる事が出来ない生タコの刺身やタコの天ぷらを筆頭に、様々な食べ方で味わう事ができます。多種多様な食べ方ができるのも、「タコのまち三原」として古くから名を馳せた街だからこそ。

タコはきれい好きで、エビやシャコなどの高級食材が大好きな美食家です。三原沖の海は水がきれいで、広島県の中でも最も小島が多く、タコの好物が多く生息する岩場がたくさんあります。タコを始めとした瀬戸内の海の幸を、思う存分召し上がれ!

 

miharatako1

ページ上部へ戻る