記事の詳細

毎年この時期になると、市内各所で気になる看板を見かけます。手書きで味のある看板。一瞬気を取られますが、当たり前になってしまい、「火渡り」という文字すら日常の光景となっていました。ところが、昨年末、東京の方から「あの看板が気になる」と言われ、はっ!としました。

IMG_6617

「本当ですねー!気になりますね!」と私も急に気になりはじめました。外からの視点には、いろいろ気づかされます!「火渡り」の看板が景色になっていたなんて(笑)
早速、金剛寺さんに電話をかけて、お話しを聞かせていただくことに!

道中、迷うことはないだろうと思っておりましたが、Googleマップでチェックしてみると、「え!?」というような場所に… 「ここは、行き止まりだった道では!?」と不安になり、ナビを頼りに向かっていると、ナビが「駐車の準備をしてください」と… でもそこにはお寺の姿が全く見えず… 不安になりはじめたところで、金剛寺さんの看板を発見!「これは行ける!」と進むと、1台ぎりぎりの道幅ながら、ずっと奥まで続く1本道…

IMG_6630 IMG_6632

しばらく走っていると、「四国のお遍路さん」の道中を思い出させる雰囲気。そんなイメージをしながら、徐々に上って行くと、左手に階段が見え、境内に到着。

IMG_6659

到着すると、とても柔和な住職の池田さんが出迎えてくださり、火渡りの準備でお忙しいなか、いろいろなお話しをしていただきました。金剛寺の歴史や火渡りの歴史などは、文献なども残っておらず、地域の方からによると、「小早川家が来る前、この辺りの豪族によって祀られたらしい」という説や、「平清盛が、神戸と宮島を往来した際、海難に見舞われ、自身がもっていたお守りを海中へ投げて難を逃れ、そのお守りが後日、幸崎の漁師の網にかかったので、どこかへ祀ろうということになったのだが、祀る場所、祀る場所で、牛がこけたり、漁船が転覆するなどの障りが続き、最終的にこの場所へ祀られ、落ち着いた」という云い伝えがあるのだそう。このことに関しては、守り本尊の不動明王が、見通しのいい場所ではなく、山に囲まれ何もみえないこの場所を望んだのではないかというお話しもあるそうです。

IMG_6661

その他、450年前の侍の位牌が残っていたり、以前の住職と三原市和田にある真観寺の住職とで、弘法大師の命日(旧暦3月21日)に、四国の札所で砂を集めてまわり、この集めた砂を、旧田野浦村全域に撒いて、大師堂を建てたことが始まりで、“田野浦88ヶ所”として巡礼することが、習俗として伝わってきたという歴史などが残っています。

現住職の池田戒玄さんは、30年程前に赴任され、以前は京都の醍醐寺におられたそうです。赴任される際の条件が、“火渡りができること”だったそうで、つまりは、古くから火渡りが行われており、この行事を後世まで残していくために、池田さんが招請されたということになります。

 

 

火渡りについて質問してみました!

Q:火渡りにはどのような意味があるのですか?

A:”厄除け”や”祈願”など、それぞれ1年の健康や無事を祈られる方が多いです。

Q:どのような方が参加されているのですか?

A:子どもからご年配の方まで、また、赤ちゃんを私が抱いて渡ることもあります。

Q:火渡りは女性も体験できるのですか?

A:性別も年齢も関係ありません。

Q:毎年この火渡りには、どれくらいの方が来られるのですか?

A:多い時で400人という時代もありましたが、今は多くても200人程度です。

Q:参加者は、どちらから来られているのですか?

A:大阪辺りからくる方もおられるますし、近所の方もおられます。

Q:当日の様子を撮影することは可能ですか?

A:信仰で来られる方を大切に思っております。厳しくは申し上げませんが、火渡りの妨げにならない程度でお願い致します。

Q:駐車場はありますか?

A:基本的に車での来場は可能ですが、道が細く、離合できない距離も長いので、乗り合わせて来られることをおすすめします。

Q:問合せ先はどちらまででしょうか?

A:開催日時等、簡単な対応であれば TEL 0848-63-8360 で対応いたします。

Q:その他の行事について教えてください。
A:先にお話しした平清盛の本尊の命日(漁師の網にかかった日)である旧暦1月16日にあわせて、(現在は気づいてもらいやすいように成人の日をめやすにしている)旧暦毎月16日に、護摩を焚いております。一般の方も参拝いただけます。

 

最後に、住職がおっしゃった「公開するためのお寺ではなく、井戸も、1人が暮らせるだけの水量しかありませんでした。本来ここは隠れ住むお寺です」というひと言が、とても印象的でした。独特の雰囲気、佇まいは本来の信仰やお参りの意味を思い出させてくれるお寺です。
本堂から外へ出ると、日が沈んでおり、周囲が闇に包まれた静寂の世界も大変印象的でした。

 

真言宗御室派 金剛寺

広島県三原市田野浦町1692 TEL 0848-63-8360

火渡り祭 2015年1月12日(月・成人の日)

金剛寺の他に、三原市内では、東禅寺(本郷町南方)、楽音寺(本郷町南方 TEL 0848-86-2658)でも火渡り祭が行われています。

関連記事

ページ上部へ戻る