記事の詳細

古く万葉の頃から酒の醸造地として知られ、1645年に刊行の俳諧作法書「毛吹草」(松江重頼著)では、名酒として紹介された三原の酒往時には、多くの酒造所が建ち並び、酒処として栄えてきました。

大観しぼりたて720(容量大)そして、本年も、お待ちかねの新酒が誕生し、広島・三原をはじめ、全国各地に出荷されています!日本画の巨匠、故横山大観画伯も終生愛飲した広島・三原の地酒

新しい年がやって来る頃、この「初もの」を頂戴して、1年の労をねぎらいませんか。

お問い合わせ:醉心山根本店 電話 0848-62-3251
http://www.suishinsake.co.jp/(「醉心山根本店」ホームページ)

関連記事

ページ上部へ戻る