記事の詳細

これまでは、八天堂は県内に10店舗そして100種類以上のパンがあったが、

八天堂として、特別に差別化する商品と言うものがなかった。

そして、地元では”大手のパン屋さん”が主流だったため八天堂としては、

大きな店舗展開が出来ずに苦労していた。

そこで、森光社長(八天堂の3代目)は、「お客様の笑顔のため」

「関わる人たちの笑顔のため」という原点に戻って

これまで100余種類におよぶパンを この一品に絞り3年の歳月を費やし、

失敗を幾度も重ね、そして生まれたのが”八天堂のひんやり冷たく食べるクリームパン”です。

販売戦略も商品に賭ける意気込みで、大都市圏東京の駅前・商店街の軒先で徹底的に

売り込みを行いました。

都市圏で有名となり、今 三原でも人気となり売り切れる品が多々あり!!

柔らかいパンの食感と冷たいクリームの絶妙なハーモニーが味わえる!

1つ食べると他の種類のクリームパンも食べたくなり、つい食べてしまった!

三原に来て、その味わいを知ってもらい 食べてもらいたい!

hattendo

 

関連記事

ページ上部へ戻る