記事の詳細

船のような快速列車

JR瀬戸内さざなみ線を走る観光列車「瀬戸内マリンビュー」をご存じでしょうか?
JR瀬戸内さざなみ線については、以前、須波駅をご紹介しましたが、「瀬戸内マリンビュー」は、どんな列車なのか、まずは体験してみようということで、早速乗車してみました。
※瀬戸内マリンビューは、須波駅には、停車いたしません。

ご当地駅メロディー“かもめの水兵さん” にあわせて、三原駅のホームに現れたのは、オールと浮き輪で装飾された青と白の船を思わせる列車。丸窓もあり、乗車前からワクワクします。

IMG_7349

車窓から海が見えると歓声が

今回のプチ旅の目的は、瀬戸内マリンビューに乗ることと、車窓からの景色を楽しむことで、目的地を決めていませんでした。目的地を決めるために、JR三原駅構内にある三原観光協会「うきしろロビー」観光案内所に立ち寄り、瀬戸内さざなみ線沿線のパンフレットをいただいて、瀬戸内マリンビューの停車駅(三原・忠海・竹原・安芸津・安浦・安芸川尻・広・呉・広島)から、「景色を楽しんで、ゆっくりと乗車できる距離を」と考え、「呉」まで行くことを、切符を購入する直前に決めました。

IMG_7229

車両は2両編成で、1号車は全席指定席、2号車は自由席となっています。
今回は、席を海側ではなく、山側のソファ席にして、大きな車窓からの景色を楽しむことにしました。乗車すると、船内に見立てたインテリアが、今から始まるプチ旅の期待感を高めてくれます。

車両内には、フリースペースが用意されており、記念撮影もできます。

車両内には、フリースペースが用意されており、記念撮影もできます。 

乗車している方は、家族連れ、ご夫婦、カメラを持った男性、カップル、女性1人と、年齢性別問わず、様々な方に人気のようです。ちょうどお昼どきということもあり、私たちも含め、昼食をとりながら、プチ旅を楽しむ方が、多く見受けられました。
普段、車道から眺める沼田川鉄橋の上を通り、海が見えてくると、列車は速度を落とし、キラキラと光る海をゆっくりと楽しませてくれます。絶景パノラマビューのみならず、カタコトという列車の音やノスタルジックな無人駅などが、沿線の魅力をさらに引き出しています。

会話が弾む車内では、海、田畑、駅、工場、民家と、流れる景色によって、会話の内容も変わっていきます。撮影タイムがはじまったり、トンネルを抜けて、海が見えると、また「わぁーっ」という声があがったり、終始飽きることがありません。

IMG_7288 IMG_7283

目的地に決めた呉では、町並みや食べ歩きを楽しみました。三原に来た人も、こんな風に歩いているのかなと、懐かしい味のするフライケーキ(揚げドーナツ)を食べながら、三原のことを思い出していました。

IMG_7329

帰りは、普通電車に乗り、夕焼けの海を眺めながら、すでに恋しくなった三原への帰途へ着きました。車で移動することが多いなか、今回の観光列車「瀬戸内マリンビュー」のプチ旅は、とても新鮮で、ふるさと三原の新たな楽しみ方を見つけたような気がします。週末限定の観光列車で行くプチ旅、ぜひあなたのプランで楽しんでみてください。

IMG_7339

 

瀬戸内マリンビュー
平成27年3月1日(日)~平成27年6月30日(火)の間、土曜・休日で合計39日間運転します。
詳細こちら  車両案内

車窓からの眺め(動画)

関連記事

ページ上部へ戻る