記事の詳細

今回の記事は、昨年度、三原市で開かれた観光ニューリーダー養成講座受講者様から、お寄せいただきました。

先日、絵手紙の大好きな友人から、「旧デザインの切手」が手に入りそうかと聞かれて、郵便局に行きました。
(平成27年2月2日から、新デザインの切手が、発行されています。)

在庫がなくなり次第、販売終了ということで、すでに大きな郵便局では売り切れているとのこと。

友人が言うには、花の絵柄の切手でかわいいのだそうです。

10円切手、20円切手、30円切手…。レンゲやミツバチの図柄で、確かにかわいいです。
改めてそんな図柄だったのね…と気づかされました。
11007621_722195224545375_526643708_n
旧デザインの切手は、日本郵便株式会社のウェブサイトから閲覧することができます。

そして、郵便局で発見したのが、「風景印」! その土地の特徴!?が描かれた消印です。

mihara_stamp

三原に長く住んでいますが、知りませんでした!
三原市八幡町の郵便局には、御調八幡宮と枝垂れ桜、竜王山が描かれた「風景印」なるものがあるのです。
ファンの方は、この「風景印」をファイルして、保存されているとのこと。

お近くの郵便局にもあるやもしれません。
なんだか風情ありますね。

関連記事

ページ上部へ戻る